【Windows】AD機能レベル一覧と追加機能のまとめ

機能レベルとは

Active Directory では、機能レベルといわれるフォレストドメインのバージョンを統一するための機能があります。
フォレストドメインの機能レベルをあげることで Active Directory の新しい機能を利用することが可能となり、また、機能レベルを統一することでフォレスドメインに対し、古い OS のバージョンで実行されているドメインコントローラーの追加を制限するといった側面もあります。

機能レベル毎の機能

機能レベル毎の機能で注目されるものとしてはレプリケーション方式の変更やオブジェクトに対するごみ箱機能があったりしますが、各バージョンごとに追加された機能としては下記のものがあります。

フォレスト機能レベルの一覧

Windows Server 2003 フォレストの信頼
ドメイン名の変更
読み取り専用ドメインコントローラーの展開(RODC)など
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2  削除されたオブジェクトの復元機能(ごみ箱機能)
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2 
Windows Server 2016  特権アクセス管理(PAM)の追加
ファイルレプリケーションサービス(FRS)機能の廃止

ドメイン機能レベルの一覧

Windows Server 2003  
Windows Server 2008 分散ファイルシステムレプリケーション(DFS-R)のサポート
詳細なパスワードポリシー など
Windows Server 2008 R2  
Windows Server 2012 DCで信頼性情報、複合認証、およびKerberos防御
Windows Server 2012 R2 Protected Usersに対するドメインコントローラー側の保護機能
認証ポリシー/認証ポリシーサイロ など
Windows Server 2016 PKInit鮮度拡張機能のKDCのサポート
公開キーを使用して認証のドメインに参加しているデバイスのサポート など

機能レベル毎の対応 OS バージョン

機能レベル毎に同じフォレストドメイン内に存在することができるドメインコントローラーのバージョンが決まっており、 Active Directory 環境は、その要件を満たすバージョンのドメインコントローラーで構成する必要があります。各機能レベルに存在できるドメインコントローラーの OS バージョンについては下記を参照してください。

フォレスト機能レベルの対応バージョン一覧

フォレスト機能レベル

フォレスト内に存在できる DC の OS バージョン

Windows Server 2003 Windows Server 2003
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2008 Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2008 R2   Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2012 Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2   Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2016 Windows Server 2016

ドメイン機能レベルの対応バージョン一覧

ドメイン機能レベル

ドメイン内に存在できる DC の OS バージョン

Windows Server 2003 Windows Server 2003
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2008 Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2008 R2   Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2012 Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2   Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2016 Windows Server 2016

機能レベルを上げるタイミング

Active Directory のシステムを継続して利用していく場合、ドメインコントローラーの OS のサポート期間が切れる前に OS 入れ替えが発生しますが、古いドメインコントローラーの廃止により機能レベルを上げられる条件が揃うので、低い機能レベルを維持しなければならない要件がない限りこちらのタイミングが多いのではないかと思います。
また、機能レベルを上げる際は、低い機能レベルを維持しなければならない要件がないか(例えば連携システムが特定の機能レベルしかサポートされていないなど)フォレスト/ドメインの利用環境や連携システムに合わせて決定するよう注意が必要です。

機能レベルのロールバック

機能レベルは一度上げたら下げれないという考え方が一般的であり、下げる場合の手段としてはバックアップからのリストアなどインパクトとしては大きい部類の作業が必要となるため、後戻りを発生させないためにも事前の調査と検討が重要となります。
※Active Directory としては下位の機能レベルに下げる手段が存在しているため、機能レベルを上げたり下げたりといったことは技術的には可能ですが、スキーマや内部情報などの部分に関わるトラブルが多く報告されているようですのでリスクが高い手段になるかと思われます。