【Windows】DNSゾーンの種類と使い方について

Active Directory 環境を構成する場合、一般的な環境であれば DNS サーバーを同梱し、DNS サーバーのゾーンもプライマリゾーンだけで十分な事が多いと思います。過去に Active Directory 信頼関係を構成する際に別ドメインの名前解決の必要があり、その時に各ゾーンの種類を調べて自分なりに理解しやすくまとめましたので記しておきます。※Windows Server の DNS サーバーを対象とした内容で記載しています。

スポンサーリンク

ゾーンの種類とその他の機能について

プライマリゾーン(Active Directory統合ゾーン)

プライマリゾーンは、そのドメイン情報のマスターを保持する動的更新や手動での更新が可能なゾーンになります。DNS サーバーがドメインコントローラーであり、他の DNS サーバーがホストしているゾーンが Active Directory 統合ゾーンとして構成されている場合、ゾーンの転送ではなく、Active Directory のレプリケーションによって更新されます。

セカンダリゾーン

セカンダリゾーンは、プライマリゾーンのレプリカを保持する読み取り専用のゾーンになります。ゾーン転送される情報はプライマリゾーンと同じため、データ量は多くなるが、名前解決はセカンダリゾーンを保持する DNS サーバー上で行うことができます。セカンダリゾーンを構成する場合は、プライマリゾーンを保持する DNS サーバーのゾーン設定でゾーン転送の許可を設定する必要があります。

スタブゾーン

スタブゾーンは、ゾーンのSOA(Start of Authority)レコード、NS(Name Server)レコードと NS レコードに対応する A(グルー)レコードのみ保持する、読み取り専用のゾーンになります。ゾーン転送されるデータ量はセカンダリゾーンと比べそれほど多くはないが、名前解決はネームサーバーとして登録されている DNS サーバーに問い合わせを行う必要があります。スタブゾーンを構成する場合は、プライマリゾーンを保持する DNS サーバーのゾーン設定でゾーン転送の許可を設定する必要があります。

条件付きフォワーダ

条件付フォワーダは、特定のドメインの名前解決の際に使用する DNS サーバーを指定する機能になります。委任の設定は静的であるため、ゾーンをホストする DNS サーバーのサーバー名や IP アドレスが変更された場合は、手動で設定をし直す必要があります。また、条件付きフォワーダを構成する場合は、プライマリゾーン側でのゾーン転送の許可は必要ありません。

委任

対象であるゾーンの親ドメインをホストしている場合のみに構成できる設定になります。委任の設定は静的であるため,ゾーンをホストする DNS サーバーのサーバー名や IP アドレスが変更された場合は手動で設定し直す必要があります。プライマリゾーンでゾーン転送の許可は必要ないが、DNS サーバーに変更があった場合は委任の再設定が必要になります。

まとめ

各ゾーンについて、基本的な認識として理解して頂けたらよいかと思います。上記以外にも前方参照ゾーンや逆引き参照ゾーンなど名前解決クエリの観点でのゾーンの種類がありますが、そちらは今回記述した各ゾーンより理解しやすいものだと思います。