【Windows】Test-NetConnectionでポートの疎通を確認する

Microsoft Windows

Windows でポートの疎通確認などをするときは、Telnet コマンドがよく使われていましたが、事前に Telnet の機能の有効化をしたり、複雑なコマンドだったりと結構面倒でした。

そんな時に PowerShell で特定のポートで疎通確認をする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Windowsで特定ポートの疎通を確認する方法

Windowsでポートの疎通を確認する時は “Test-NetConnection” コマンドを使います。

Windows Server 2016 では、”Test-NetConnection” となります。

※Windows Server 2012 R2 から実装されたコマンドのようですが、Windows Server 2012 R2 ではこのコマンドが通らず、”Test-Connection” となるようです。

Test-NetConnection コマンド

Test-NetConnection の構文は下記のようになります。

「ターゲット」へ対象のホスト名、「-Port」へ疎通を確認したいポート番号を指定します。

構文

Test-NetConnection [ターゲット] -Port [ポート番号]

実行例

PS C:\Users\administrator.CONTOSO> Test-NetConnection Server01 -port 135



ComputerName : Server01 
RemoteAddress : 192.168.10.10

RemotePort : 135

InterfaceAlias : イーサネット

SourceAddress : 192.168.10.5

TcpTestSucceeded : True


コマンド結果の「TcpTestSucceeded」の値が「True」の場合は、指定したポートでの疎通はできている事になります。

このような感じで PowerShell コマンドを使用して簡単にポートの疎通確認をする事ができます。

 

Test-NetConnection については、以下のページを参考にしました。

Test-NetConnection

 

Windows で使用されるポートについては、以下を参照して下さい。

Windows のサービス概要およびネットワーク ポート要件
マイクロソフトのクライアントおよびサーバー オペレーティング システム、サーバー ベースのアプリケーション、およびそのサブコンポーネントが、セグメント化されたネットワークで機能するために必要なポート、プロトコル、およびサービスの一覧を掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました