【Windows】Windowsでポートの疎通を確認する方法

過去にドメインコントローラーの昇格などで事前のチェックに問題がないにも関わらず、昇格で失敗してしまい、はまった経験がありますがその時はネットワークのポートが開いていない事が原因でした。ポートが閉じていて必要な情報が送れていなかったんですね。

そんな時に Windows で特定のポートで疎通ができるか確認する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

Windowsで特定ポートの疎通を確認する方法

Windowsでポートの疎通を確認する時は “Test-NetConnection” コマンドを使います。

Windows Server 2016 では、”Test-NetConnection” となります。

※Windows Server 2012 R2 から実装されたコマンドのようですが、Windows Server 2012 R2 ではこのコマンドが通らず、”Test-Connection” となるようです。

Test-NetConnection コマンド

Test-NetConnection の構文は下記のようになります。

Test-NetConnection [ターゲット] -Port [ポート番号]

「Target」へ対象のホスト名、「-Port」へ疎通を確認したいポート番号を指定します。

コマンド結果の「TcpTestSucceeded」の値が「True」の場合は、指定したポートでの疎通はできている事になります。

各サービスによって必要なポートの種類は違いますが、作業前などにこのコマンドを使用して確認する事ができます。

Test-NetConnection については、以下のページを参考にしました。

Windows で使用されるポートについては、以下を参照して下さい。