【Active Directory】ADスキーマバージョンを確認する[コマンド]

Microsoft Windows

スキーマ属性は、ドメインへ新しいバージョンのドメインコントローラーを追加するタイミングExchange Server などの連携アプリケーションの追加時に Active Directry に対して属性の拡張が行われます。

今回はそういうシーンで利用する Active Directory スキーマバージョンの確認方法をまとめました。

スポンサーリンク

スキーマバージョンの確認方法とバージョン一覧

それでは、Active Directory スキーマバージョンの確認方法各スキーマのバージョンについてご紹介します。

スキーマのバージョンについての詳細は、以下を参照して下さい。

スキーマバージョンの確認方法

まず、Active Directory スキーマのバージョンを確認します。スキーマバージョンの確認方法としてレジストリの値を確認する必要がありますが、レジストリエディターを起動して対象のキーを探すのも大変なのでコマンドで確認します。

以下のコマンドを Windows PowerShell で実行します。

PowerShell

実行コマンド

Get-ItemProperty -Name "Schema Version" -Path Registry::"HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters"

コマンド実行例

PS > Get-ItemProperty -Name "Schema Version" -Path Registry::"HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters"

Schema Version : 87
PSPath : Microsoft.PowerShell.Core\Registry::HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
PSParentPath : Microsoft.PowerShell.Core\Registry::HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS
PSChildName : Parameters
PSProvider : Microsoft.PowerShell.Core\Registry

“Schema Version” の値を確認します。

Active Directory スキーマ バージョンの一覧

次に確認した “Schema Version” の値からスキーマバージョンを確認します。以下は Active Directory のスキーマ バージョンの一覧になります。

Windows バージョンスキーマバージョン
Windows 2000 Server13
Windows Server 200330
Windows Server 2003 R231
Windows Server 200844
Windows Server 2008 R247
Windows Server 201256
Windows Server 2012 R269
Windows Server 201687

こちらの表を元にスキーマのバージョンを確認することができます。

タイトルとURLをコピーしました