【Office 365】PowerShellでOffice365へ接続する[Import-PSSession]

Microsoft 365

 Windows PowerShell で Office365 (Exchange Online) へ接続の要点をまとめました。

事前準備が整っている場合は、Office365 サービスへの接続から進めればOKです。

スポンサーリンク

PowerShell で Office365 へ接続する

Office 365 へ接続するには、事前に接続環境の準備が必要になります。事前準備が整っている場合は、接続手順の方へ進んでください。

接続環境の事前準備[PowerShell環境]

Office 365 や Azure 等に初めて接続する場合は、以下の3つの手順が必要になります。

※コマンドの実行には、Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以上の環境が必要

  1. Microsoft Online Services サインイン アシスタントの導入
    Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW

  2. Windows Azure Active Directory モジュールの導入
    Microsoft Azure Active Directory PowerShell Module
    モジュールのインストール後、PowerShell起動時にエラーが表示される場合は、
    PowerShell のバージョンが古い可能性があるため、以下を導入します。

    Windows Management Framework 3.0

  3. PowerShellの設定が “RemoteSigned” である事

接続環境の準備は以上です。準備が終わったら次へ進みます。

Exchange Online サービスへ接続する

それでは Office 365 へ接続を行います。
スタートメニューもしくはショートカットから “Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュール” を管理者権限で起動します。

※モジュールを読み込むため、Windows PowerShell でも実行可能です。

サインイン資格情報の指定[$LiveCred]

まずは、”LiveCred” 変数へ資格情報を設定します。
Office 365 にアクセス権があるユーザーアカウントを指定します。(全体管理者など)

コマンド例

$LiveCred = Get-Credential
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection


※ 正常に接続できない場合は、以下のコマンドを実行します。

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection

エラーがなく実行できることを確認します。

Exchange Online へ接続[Import-PSSession]

指定した資格情報を利用して Exchange Online への接続を行います。

コマンド例

Import-PSSession $Session -AllowClobber

※ MSオンラインサービスに接続する場合はこちらも実行します。

Connect-MsolService -Credential $LiveCred

セッションが正常に接続できているかを確認するには、接続中ドメインの情報を確認します。

Get-MsolDomain

ドメイン情報の確認ができれば、正常に接続できています。

タイトルとURLをコピーしました