【Office 365】PowerShellでOffice365へ接続する

Windows PowerShell で Office365 (Exchange Online) へ接続の要点をまとめました。

事前準備が整っている場合は、Office365 サービスへの接続から進めればOKです。

スポンサーリンク

1. 事前準備

Office 365 へ接続するためには事前に接続環境の準備が必要になります。
Office 365 や Azure 等に初めて接続する場合は、以下の3つの手順が必要になります。
※コマンドの実行には、Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以上の環境が必要

  1. Microsoft Online Services サインイン アシスタントの導入
    Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW

  2. Windows Azure Active Directory モジュールの導入
    Microsoft Azure Active Directory PowerShell Module

    ※ モジュールのインストール後、PowerShell 起動時にエラーが表示される場合は、PowerShellのバージョンが古い可能性があります。その場合は以下をインストールします。
    Windows Management Framework 3.0

  3. PowerShellの設定が “RemoteSigned” である事

以上で Office 365 の接続環境の準備は完了となります。

2. Office 365 サービスへの接続手順

Office 365 へ接続を行います。
事前準備が済んでいる場合は、以下の手順で Office 365 へ接続します。

1. PowerShell の起動

スタートメニューもしくはショートカットから “Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュール” を管理者権限で起動します。
※モジュールを読み込むため、Windows PowerShell でも可

2. Office 365 へ認証

“LiveCred” 変数へ資格情報を設定します。
ここでは Office 365 の全体管理者の権限のあるアカウント情報を指定します。

※ 正常に接続できない場合は、以下のコマンドを実行します。

3. Exchange Online へ接続

指定したセッション情報を利用して Exchange Online への接続を行います。

※ MSオンラインサービスに接続する場合はこちらも実行します。

4. 接続ドメインの確認

現在の接続中の Office 365 ドメインの情報を確認します。

以上で Office 365 への接続は完了です。