【Windows10】Windows Updateをショートカットで開く[ファイル名を指定して実行]

Microsoft Windows

Windows Update の設定画面を開く方法ですが、Windows 8 から UI が切り替わり、設定からたどっていくのがちょっと面倒になってしまいました。

今回は Windows10 で Windows Update を開くショートカットをご紹介します。

スポンサーリンク

Windows Update をショートカットで開く(Windows10対応)

過去のバージョンで Windows Update 画面をショートカットで起動できた “wuapp” コマンドですが、 Windows 10 からは廃止されたようで、このコマンドは使えなくなってしまいました。

別のものにはなるのですが、同じようなショートカットがありました。

Windows Update を起動するショートカット

Windows10 で「ファイル名を指定して実行」から Windows Update を起動するには、以下の操作が必要となります。

  1. ファイル名を指定して実行を起動( [Windows]+[R] キーを押下)
  2. Windows Update を起動するショートカットの実行(以下のショートカットを実行)

Windows Update を起動するショートカットは、以下の文字列になります。

ショートカット

ms-settings:windowsupdate

これで Windows 10 であっても、Windows Update をショートカットで起動できます。

Windows Update を起動するショートカット(疑似wuapp)

このショートカットコマンドを利用して疑似的に ”wuapp” コマンドを作成してみました。
※ PowerShell で実行します。

コマンド実行例

New-Item C:\Windows\System32\wuapp.bat -Type file -Value "start ms-settings:windowsupdate"

上記は、「system32」フォルダへ Windows Update 画面を開くバッチを配置することでファイル名を指定して実行から “wuapp” と入力することで起動できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました