【Windows】Windows10で「ファイル名を指定して実行」からWindows Updateを起動する

Windows Update の画面を一発で起動できた “wuapp” ですが、UI が変わってからこのコマンドはなくなってされてしまいました。Windows8 から UI が切り替わり、設定からたどっていくにもちょっと手間になりました。今回は Windows10 で wuapp の代わりになるコマンドを紹介します。

スポンサーリンク

Windows10で「ファイル名を指定して実行」からWindows Updateを実行する方法

Windows10 で「ファイル名を指定して実行」から Windows Update を起動するには、[Windows]+[R]キーを押下して「ファイル名を指定して実行」へ以下のコマンドを実行します。

これでWindows Updateの設定画面を表示することができます。
また、このコマンドを利用して疑似 ”wuapp” コマンドを作成してみました。
※PowerShellで実行してください。

上記は、「system32」フォルダへ Windows Update 画面を開くバッチを配置することでファイル名を指定して実行から “wuapp” と入力することで起動できるようになります。