【仮想化】Hyper-V仮想マシンをインポートする際の注意

Hyper-V へ仮想マシンをインポートする際のインポートの種類の違いについて(実際の動作について)調べた事を今後のために残しておきます。

スポンサーリンク

仮想マシンインポートの種類

Hyper-V マネージャーから仮想マシンをウィザードに従いインポートをしていくとインポートの種類の選択画面にて、インポートの種類を指定するように促されます。そのインポートの種類とは以下の3つ。

 ・仮想マシンをインプレースで登録する(既存の一意な ID を使用する)
 ・仮想マシンを復元する(既存の一意な ID を使用する)
 ・仮想マシンをコピーする(新しい一意な ID を作成する)

※OS のバージョンにより多少表記が異なります。

詳しく説明していきましょう。

①仮想マシンをインプレースで登録する(既存の一意な ID を使用する)

 このオプションは、仮想マシンの既存の一意な ID を再利用し、インポートする仮想マシンファイルが置かれているディレクトリ構成のままHyper-Vへ仮想マシンとして登録する方法になります。
 ※こちらが一番早くインポートできる方法になります。

②仮想マシンを復元する(既存の一意な ID を使用する)

 このオプションは、仮想マシンの既存の一意な ID を再利用し、インポートする仮想マシンファイルが置かれているディレクトリからHyper-Vの既定のディレクトリへコピーしてからHyper-Vへ仮想マシンとして登録する方法になります。(このオプションを選択する事でインポート時に仮想マシンを別の場所に格納する事も可能)

③仮想マシンをコピーする(新しい一意な ID を作成する)

 このオプションは、仮想マシンに新しい一意の ID を作成し、インポートする仮想マシンファイルが置かれているディレクトリからHyper-Vの既定のディレクトリへコピーしてからHyper-Vへ仮想マシンとして登録する方法になります。(このオプションを選択する事でインポート時に仮想マシンを別の場所に格納する事も可能)

となります。
※この一意な ID というのは SID のようなもので、Hyper-V が仮想マシンを管理する為に内部で使用される ID の事になります。

Hyper-V ホストから同じ Hyper-V ホストへのインポートなら、同じ ID の仮想マシンが Hyper-V 上に存在するかどうかによって選択する事ができます。しかし、別の Hyper-V ホストへインポートする場合、一意な ID を引き継ぐ方法と新しく一意な ID を作成する方法ではどちらにしてもインポート先は別の Hyper-V ホストなのでどちらでも問題ないのではないかと思いますが、一意の ID を作成してインポートする方法ではインポート後の仮想マシンの MAC アドレスが変わってしまうようでした。

僕の環境では再現しませんでしたが、新しい一意な ID でのインポートを行うと MAC アドレスが変わる事によりネットワーク設定が外れてしまう(IPの設定し直しが必要)とのフォーラムでの書き込みがありましたので、移行後はその辺に注意する必要がありそうです。