【Hyper-V】仮想マシンをPowerShellコマンドで作成する

Microsoft Windows

Hyper-Vの仮想マシン作成をPowerShellで一括で行う方法になります。
この方法であれば、PowerShellでもスクリプトとしてもどちらでも利用可能です。

スポンサーリンク

仮想マシン自動作成のスクリプト

以下が仮想マシンの自動作成のスクリプトになります。こちらを流せば新しい仮想マシンの作成ウィザードをポチポチやっていかなくても一瞬で仮想マシンが作成されます。
# Variables の変数の部分を自身の環境に合わせて変更してあげます。

 

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope Process

# Variables

$VMName = "TESTVM" # 仮想マシン名
$VMRAM = 2048MB # メモリ容量
$VMGEN = 1 # 仮想マシンの世代
$VMLOC = "C:\Hyper-V" # 仮想マシンフォルダ
$VHDPATH = "$VMLOC\$VMName\Virtual Hard Disks\$VMName.vhdx" # ハードディスクの保存先
$VHD = 127GB # ハードディスクのサイズ(容量可変)
$NetworkSwitch = "サービス" # 仮想スイッチ

$ISO = "<メディアファイルのパス>" # インストールメディア

# Create Virtual Machines

New-VM -Name $VMName `
-Path $VMLOC `
-MemoryStartupBytes $VMRAM `
-Generation $VMGEN `
-NewVHDPath "$VHDPATH" `
-NewVHDSizeBytes $VHD `
-SwitchName $NetworkSwitch

# Set Virtual Memory

Set-VMMemory -VMName $VMName `
-DynamicMemoryEnabled $True

# Configure Virtual Machines

Set-VMDVDDrive -VMName $VMName -Path $ISO

Start-VM $VMName

 

タイトルとURLをコピーしました