【仮想化】Windows10で無料で使えるクライアントHyper-Vを導入してみた

Windows Server ではおなじみの仮想化機能の Hyper-V ですが、Windows8 のエンタープライズ向け OS からクライアント Hyper-V として提供され、クライアント OS でも利用できるようになりました。これによりわざわざ仮想化ソフトを購入しなくてもクライアント OS 上で仮想マシンを作成をする事ができます。

スポンサーリンク

Windows10へクライアントHyper-Vを導入

今回は手持ちの Windows10 Pro へ Hyper-V 機能を導入してみました。有効化自体は非常に簡単ですが、一連の流れを載せておきます。

クライアントHyper-Vの導入

まず Windows10 でプログラムと機能を開きます。
キーボードの[Windows]キーと[R]キーを同時に押して表示される「ファイル名を指定して実行」画面へ”appwiz.cpl”を入力して実行します。

プログラムと機能の画面で左部分の「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。

Windowsの機能で「Hyper-V」関連の機能をクリックしてチェックマークを入れます。
※ここで Hyper-V Hypervisor にチェックが入れられない場合、BIOS でハイパーバイザーの設定を有効化する必要があります。

機能の有効化後、再起動が必要になりますので「今すぐ再起動」を実施します。

Hyper-V マネージャーの起動

再起動後、スタートメニューの「Windows 管理ツール」フォルダの一覧に「Hyper-V マネージャー」のショートカットが追加されていますのでクリックしてコンソールを起動します。

「Hyper-V  マネージャー」が起動します。
左部分のHyper-V マネージャーの下にクライアントのホスト名が表示されていれば正常に接続ができています。

仮想スイッチの作成

Hyper-V マネージャーの起動後は、仮想マシンへ接続する仮想スイッチを作成する必要があります。仮想スイッチ マネージャーから仮想スイッチ画面を開き、「新しい仮想ネットワーク スイッチ」から「外部」を選択した状態で「仮想スイッチの作成」をクリックします。

仮想スイッチ作成後、「接続の種類」からネットワークに使用する NIC を選択して「OK」をクリックすることで仮想スイッチの作成は完了になります。

以上でクライアントHyper-Vの有効化は完了です。